カナガンを使用して犬の涙やけの対策をしよう

犬の涙やけについて

すべての犬に発生するというわけではないではないですが、涙やけという症状があります。見た目的には人間のクマをかなり酷くしたような状態になっており、目の下に茶黒色が発生するのがそれです。チワワなどの鼻が短い犬に発生することが多いです。

 

この涙やけになってしまうと、不快感や炎症、感染症になりやすくなります。これ単体でならまだ良いですが、そこから結膜炎、急性緑内障のような病気になることがあり、出来るなら治した方が良いものです。

 

涙やけの原因はいくつかあるのですが、多くの場合ドッグフードに問題があるとされています。粗悪品などで発生することがありますので注意が必要です。ですから、涙やけになった場合、他のドッグフードにすることで解決する場合があります。ただし、必ずではないので注意です。

 

涙やけとカナガン

上記でも説明したようにドッグフードが問題で涙やけになることが多いです。ですから、ドッグフードを変更することをおすすめします。

 

現状ドッグフードをどれにしたからと言って、100%涙やけを回避出来るというドッグフードはないので注意です。しかし、カナガンというドッグフードが結構良いとされています。

 

カナガンというドッグフードの良い点としてはバランスの良い配合、アレルギーの原因となるものが入っていない、無添加というのが良いとされています。それに、結構コストパフォマンスも良いということで多くの人が利用しているので考えてみると良いでしょう。

 

もう一度言うとドッグフードをどれにしたからといって必ず回避出来るわけではないのですが、カナガンは比較的解消できると言われているので利用してみることをおすすめします。

以下に、実際にカナガンを試してみたユーザーさんの体験談サイトもあるので参考にしてみると良いでしょう。

(【参考】カナガンお試し体験ガイド|評判のドッグフードを辛口評価

涙やけが解決しない場合

カナガンのようなもので、解決するケースがありますが、それも必ずではないので注意しましょう。その場合はしっかりとそれ相応の対策をしないといけません。原因の1つとしては、逆まつげや結膜炎などになっている場合です。その場合は獣医に相談をして解決するようにしましょう。他にも、生まれつきというのもありますので注意です。

涙やけが解決しない場合

カナガンのようなもので、解決するケースがありますが、それも必ずではないので注意しましょう。その場合はしっかりとそれ相応の対策をしないといけません。原因の1つとしては、逆まつげや結膜炎などになっている場合です。その場合は獣医に相談をして解決するようにしましょう。他にも、生まれつきというのもありますので注意です。

犬の涙やけの原因と対策について

犬の涙やけを引き起こす原因と対策についてここでは紹介していきます。小型犬にとって涙やけは発症しやすい症状のひとつでそのまま放置しておくと悪化させてしまうことになります。ですのでいち早く原因を突き止めることが大切です。犬の涙やけの原因が分かれば適切な対策方法へと導くことができるのでぜひ参考にしてください。

 

犬の涙やけの原因は?

涙やけは別名「流涙症」とも呼ばれる病気で涙が日中出続けたり目やにが多くなってしまう症状です。この涙やけは主に以下の3つの要因によって引き起こされます。

 

涙の過剰分泌

涙が出るまでの過程においては正常でも涙の産生量が多すぎると排出しきれなくなるため涙が目頭に溜まる状況に陥ってしまいます。この涙の産生量を増やしてしまう要因として毛やゴミなどの異物が影響することがあります。

 

または、毛やまつ毛が眼球へ直接的に触れている状態が続くと結膜炎、角膜炎といった炎症を引き起こすことがあり涙の過剰分泌を引き起こします。

 

これらの涙の過剰分泌においての自宅で予防することは十分に可能ですので涙やけを引き起こさないためにも徹底していきたいところです。

涙道の詰まり

涙の分泌量が正常であったとしても涙を外へ排出させる涙道に詰まりがみられると涙が溜まってしまい涙やけを引き起こします。涙道の詰まりの要因は鼻炎や副鼻腔炎による鼻涙管の圧迫や鼻腔の腫瘍などが上げられます。また、先天性による無孔涙点が要因として上げられます。

粗悪なドッグフード

粗悪なドッグフードには副産物(廃棄同然の肉)が含まれているので老廃物として体内に蓄積されて涙道を詰まらせる原因となります。

涙やけの対策

犬の涙やけの原因について前途でお伝えしましたが、炎症など自然治癒では難しい疾患などについては動物病院で治療してもらうことが対策としては一番確実です。症状によって点眼や涙道洗浄など治療が異なるのでまずは早めに受診してもらってください。

 

なお、先天性の涙道の詰まりの場合は外部手術をすることによって涙やけを改善することができます。涙やけの原因が疾患の場合は早めに治療することで治りも早くなるので症状が悪化する前に気になったらすぐに動物病院へ連れて行ってあげてくださいね。

 

粗悪なドッグフードについては市販で販売されている格安商品を永続的に食べ続けさせないことが大切となってきます。

 

涙やけの予防方法

目への直接的な刺激による涙の過剰分泌については目に掛かからないようにするために周りの毛やまつ毛をお手入れしてあげることが予防へと繋がります。また、目にゴミや毛などが入ってしまった場合には犬用の目薬をさしてあげると取り除くことができますよ。

 

目の周りに異物が溜まっている場合には柔らかいコットンなどできれいに拭き取ってあげてください。

 

ドッグフードに関しては良質なお肉を採用している商品を選んであげると老廃物が出にくく涙道の詰まりを防ぐことができます。

 

また、良質なお肉が含まれるドッグフードに切り替えたら涙やけが改善したという報告が多数みられるので検討してみる価値はありそうです。

 

ストレスと涙やけの関係性について

ストレスは人間と同様、犬の免疫力も下げる大きな要因とされています。

 

また、生物学的には寿命は生まれた時に決まっていてその後の免疫力の低下によって引き起こす体トラブルが寿命の長さを左右させると言われています。

 

免疫力が低下してしまうと涙やけの要因となる炎症を起こしたり自律神経に異常がきたすことによって涙道に老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

 

犬のにストレスを溜めさせないためにも触れ合う時間を増やしたり外への散歩をしっかりとしてあげることが大切になってきます。

 

【参考】 ⇒ 犬の健康をサポートする涙やけ対策フード『カナガン』はコチラ