柴犬の涙やけが気になる場合の対策と予防について

柴犬の目が涙やけになると目元がかわいそうだからとても心配になってしまいますよね。ですが、柴犬の場合は涙やけは比較的改善しやすい傾向にあるので今回お伝えする対策を実践すれば改善への向かっていきます。

柴犬の涙やけ対策について

柴犬の涙やけの根本的な原因となるのがバクテリアの繁殖です。涙の影響で常に湿っている暖かい毛はバクテリアの繁殖をさらに加速させてしまいます。ですので、有効な対策としてはバクテリアの繁殖を防ぐためにも目の周りを常に清潔にしてあげることが重要です。

具体的な対処法として有効なのが涙や目やにが出ている場合は涙やけローションやコットンなどでやさしく拭いてあげることです。ほとんどの場合は目の周りを清潔にしてあげることで涙やけは改善されます。

ですが、涙が出続ける原因には鼻の炎症や涙道の詰まり、先天性による涙道の曲がりといったケースもみられるので涙やけの改善がなかなかみられない場合は動物病院へいって診てもらうことが必要です。もし、涙やけの原因が疾患によるものだと悪化する一方ですので早めの診断をお願いします。

柴犬の涙やけ予防について

柴犬はトイプードルやヨークシャーテリアといった犬種と違い被毛が伸び続けることがないため涙やけになりにくい体質です。ですが、逆まつ毛のような目に直接的に刺激を与える状況がまれにあるようです。ですので、柴犬の目の周りを注意深く見ていただいてまつ毛が目に掛かりそうな状況であればしっかりとカットしてあげてください。

また、ドッグフードを切り替えたら涙やけが改善したというたくさんの報告が寄せられていることから食べ物もひとつの要因とされています。その理由はほとんどのドッグフードには犬に与えたら悪いとされている材料が大量に含まれているからです。

市販の多くのドッグフードには重量を満たすために犬の体に悪影響を与えると言われているトウモロコシや大麦といった安い原材料が大量に使われています。さらに言うと食いつきをよくさせる、長期保存といった目的で人工添加物が多く含まれているドッグフードが多く出回っているんですね。

ずっと同じドッグフードを食べ与え続けるとアレルギーになりやすいとも言われているのでフードの切り替えも視野に入れておいたほうがいいかもしれません。

水と涙やけの関係性について

柴犬涙やけの原因についてここまでお伝えしてきましたが、涙やけを引き起こす要因として水も関係していると言われています。

水は喉が乾くから飲むといったイメージが強いですが、実は老廃物を体外へ排出させるアンチエイジングの効果があります。老廃物は涙道にも溜まりやすいので水をしっかり補給することは涙やけの予防に大きく貢献します。

また、水分が不足してしまうと目に見えない細胞レベルにおいて脱水症状を引き起こすのでそれは細胞に傷をつけることを意味します。体の細胞は血管、臓器、皮膚、毛など体の全てに働きかけているので涙やけを引き起こさない健康な体を維持するためにもドッグフードと一緒に新鮮な水もしっかり与えてあげてください。

【参考】 ⇒ 犬の健康をサポートする涙やけ対策フード『カナガン』はコチラ